通学路3千か所、一斉取り締まり…摘発1万件

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 春の全国交通安全運動に合わせ、全国の警察本部は16日朝、警察官計約1万2500人を動員し、通学路で交通違反の一斉取り締まりを実施した。今月8日には大津市で保育園児ら16人が死傷した事故が起きたばかりで、危険な違反に対する取り締まりを強化した。警察庁によると、道路交通法違反容疑などで計1万360件を摘発した。

 一斉取り締まりは通学時間帯の午前7~9時に、全国の通学路約3000か所で行われた。違反の内訳は、車両の進入が禁止されている時間帯にスクールゾーンに入るなどの「通行禁止違反」が5685件(54・9%)と最も多く、速度違反が1798件(17・4%)で続いた。逮捕者は3人で、速度違反などだった。

586259 0 国内 2019/05/16 18:20:00 2019/05/17 10:10:10 2019/05/17 10:10:10

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ