池袋暴走、容疑者が退院…任意で事情聴取受ける

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・池袋で12人が死傷した高齢ドライバーによる暴走事故で、車を運転していた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(87)が18日午前、入院先の東京都新宿区の病院を退院した。

 飯塚容疑者は事故で胸の骨を折る重傷を負っていた。退院後、警視庁目白署に入り、任意で事情聴取を受けた。

 同庁は今後、飯塚容疑者を現場に立ち会わせて事故の状況を調べるなどし、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑での立件に向け、任意で捜査を続ける。

589294 0 国内 2019/05/18 10:57:00 2019/05/18 12:35:41 2019/05/18 12:35:41

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ