医師の父の頭狙ってボウガン発射、介護職員逮捕

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 医師の父にボウガン(洋弓銃)を発射して殺害しようとしたとして、北海道警門別署は18日、日高町富川南、介護職員谷井護容疑者(29)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 発表によると、谷井容疑者は11日午後10時頃、自宅で同居する父(59)の頭を狙ってボウガンを発射した疑い。矢は父の下唇を貫通したが、命に別条はない。谷井容疑者は調べに対し、「日頃から(父に)ストレスや不満をためていた。殺すつもりだった」などと供述している。

 同署によると、谷井容疑者は、父と同じ老人介護施設で勤務しており、ボウガンは谷井容疑者がインターネットで購入したという。谷井容疑者は12日朝から行方不明となり、姉が同署に届け出て、17日に森町で見つかった。

589325 0 国内 2019/05/18 11:33:00 2019/05/18 12:35:42 2019/05/18 12:35:42

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ