愛媛で山林30ha焼く…14時間半後ほぼ鎮火

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

消火活動を行うヘリ(18日午後1時27分、愛媛県四国中央市で、読売ヘリから)=大久保忠司撮影
消火活動を行うヘリ(18日午後1時27分、愛媛県四国中央市で、読売ヘリから)=大久保忠司撮影

 17日午後10時30分頃、愛媛県四国中央市土居町天満の山林から出火しているのを、近所の住民が気づいて119番。市消防本部の消防車や愛媛、香川両県の消防防災ヘリコプター2機が消火活動にあたり、14時間半後にほぼ消し止められた。約30ヘクタールが焼けたが、けが人や建物の被害はなかった。

 松山地方気象台によると、四国中央市には15日から乾燥注意報が出されており、17日夜に最大瞬間風速17・4メートルを観測するなど強い風が吹いていた。愛媛県警四国中央署が出火原因を調べている。

 現場はJR予讃線・伊予土居駅から北西約3キロの山林。

589400 0 国内 2019/05/18 20:24:00 2019/05/18 20:24:57 2019/05/18 20:24:57 消火活動を行うヘリ(18日午後1時27分、愛媛県四国中央市で)=大久保忠司撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190518-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ