乳がん薬投与後3人死亡、厚労省が注意喚起指示

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は17日、昨年11月から今年5月までに、乳がん治療薬「ベージニオ錠」(一般名・アベマシクリブ)を使った患者14人が重い間質性肺疾患を発症し、うち3人が死亡したと発表した。死亡した1人を含む4人は、薬との因果関係が否定できないという。製造販売元の日本イーライリリー(神戸市)に対し、薬の添付文書の改訂と医療関係者への注意喚起を指示した。

 厚労省によると、ベージニオ錠は、手術ができなかったり、再発したりした乳がん患者に使われる飲み薬。昨年9月に製造販売が承認され、11月に発売されて以降、約2000人が使用しているとみられる。

 注意喚起では、医療関係者には、呼吸困難など間質性肺疾患の初期症状に注意し、異常があれば投与を中止するよう求める。薬を使う患者には、息切れや息苦しさ、空せき、発熱などの症状が出たときは、すぐに医師や薬剤師に連絡するよう呼びかける。

無断転載禁止
589450 0 国内 2019/05/18 14:33:00 2019/05/18 14:35:38 2019/05/18 14:35:38

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ