全国的に真夏並みの暑さ、熱中症で搬送相次ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

強い日差しで路面に水があるように見える「逃げ水」現象が見られた東京駅前(25日午後、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影
強い日差しで路面に水があるように見える「逃げ水」現象が見られた東京駅前(25日午後、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影

 日本列島は25日、全国的に真夏並みの暑さとなった。大分県竹田市では35度を観測し、国内で今年初めて猛暑日となった。26日はさらに暑くなるとみられ、気象庁は「水分補給や帽子、日傘の利用などで、熱中症には十分に注意してほしい」と呼びかけている。

 気象庁によると、25日は全国の観測地点の半数近い425地点で30度以上の真夏日を記録。34都道府県の128地点では5月としての過去最高気温を更新した。京都府舞鶴市では34・6度、埼玉県熊谷市で34度、札幌市は31・5度を記録。東京都心も今年最高の31・9度に達し、強い日差しで路面に水があるように見える「逃げ水」の現象も見られた。

 東京消防庁によると、都内では25日午後9時現在、少なくとも40人が熱中症の疑いなどで搬送された。

 26日の最高気温は福島市で36度、北海道帯広市と京都市で35度、東京都心は33度などと予想されている。

無断転載禁止
602649 0 国内 2019/05/25 20:47:00 2019/05/25 22:57:37 2019/05/25 22:57:37 東京駅近くでは照りつける暑さの中、「逃げ水」が見られた(25日、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190525-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ