津波で流された石巻の漁船、高知沖で8年ぶり発見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

高知県須崎市沖で発見された漁船(5月27日)=高知海上保安部提供
高知県須崎市沖で発見された漁船(5月27日)=高知海上保安部提供

 2011年の東日本大震災の津波で宮城県石巻市の漁港から流され、行方が分からなくなっていた漁船が、約900キロ離れた高知県須崎市沖で約8年ぶりに発見された。漁船を所有していた石巻市の漁師佐藤友広さん(50)は「8年もの間、船がさまよっていたなんて」と驚いている。

 高知海上保安部によると、5月27日午後2時頃、須崎市沖約2・3キロで、県警の警備艇が転覆している繊維強化プラスチック(FRP)製の漁船(全長約6・5メートル)を発見。高知海保が漁船登録番号を照会するなどしたところ、佐藤さん所有の「日進丸」と分かった。

 佐藤さんによると、津波があった11年3月11日、日進丸を含めた漁船2隻を漁港に係留していた。1隻は沖に避難させたが、日進丸は間に合わなかったという。佐藤さんは「船の引き取り手がいれば、震災の遺産として活用していただければ」と話していた。

 高知海保の担当者は「なぜ高知に流れ着いたのか、はっきりしないが、潮の流れにのって太平洋岸を巡り、たどり着いたのではないか」としている。

無断転載禁止
617375 0 国内 2019/06/03 11:49:00 2019/06/03 11:49:00 2019/06/03 11:49:00 高知県須崎市沖で発見された日進丸=高知海上保安部提供(27日午後4時38分) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190603-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ