息子の妻の殺害を手助け、母親に求刑上回る判決

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 妻を殺害して遺体を実家に埋めたとして、殺人と死体遺棄罪に問われた夫の元銀行員弥谷やたに鷹仁被告(37)と、殺人ほう助と死体遺棄罪に問われた同被告の母・恵美被告(64)の裁判員裁判で、千葉地裁は12日、鷹仁被告に懲役15年(求刑・懲役17年)、恵美被告に懲役7年(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。岡部豪裁判長は「完全犯罪をもくろんだ計画性の高さが際立つ」と述べた。

 判決によると、鷹仁被告は昨年3月4日午後、当時住んでいた千葉県柏市内の路上に駐車した乗用車の中で、妻の麻衣子さん(当時30歳)の首を絞めて殺害。恵美被告は埋める穴を一緒に掘るなど殺害を手助けし、2人で同日夜、茨城県取手市の恵美被告宅の敷地内に遺体を埋めて遺棄した。

 公判で恵美被告は「本当に殺害するとは思っていなかった」と殺人ほう助罪について無罪を主張。だが、岡部裁判長は、恵美被告が鷹仁被告と殺害方法を具体的に話し合っていた点などから同罪の成立を認定した上で、「手助けの程度が極めて大きい」と指摘し、求刑を上回る懲役7年とした。

632826 0 国内 2019/06/12 11:15:00 2019/06/12 15:38:08 2019/06/12 15:38:08

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ