エンジン音に驚き、厩舎から競走馬500m逃走

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 12日午前9時45分頃、岐阜県笠松町の笠松競馬場で、厩舎きゅうしゃから競走馬1頭が逃走した。馬は約5分後、500メートルほど離れた民家付近で厩務員に確保され、けが人はいなかった。

 岐阜羽島署の発表によると、逃げたのはオスの4歳馬。放牧後、厩務員に手綱を引かれて厩舎に戻る途中、ゴミ収集車のエンジン音に驚いて暴れ出し、車両通行用に開いていたゲートから敷地外に逃げたという。

 同競馬場では、2013年10月にも競走馬が逃走。岐南町内で軽乗用車と衝突し、運転していた男性が死亡する事故が起きている。

634964 0 国内 2019/06/13 08:16:00 2019/06/13 08:18:19 2019/06/13 08:18:19

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ