羽田・成田へ不便…海外熱、冷める一方の県民

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年の秋田県民1000人あたりのパスポート(旅券)発行は12・3件で、発行率が47都道府県の中で最も少ないことが県のまとめで分かった。全国最少はこれで4年連続となり、県民の海外熱は冷める一方だ。

 県によると、昨年の旅券発行は、実数ベースでは1万2235件(前年比5・3%増)で3年連続の増加となった。しかし、秋田空港発着のソウル便が2015年12月以降、運休が続き、羽田や成田など首都圏の国際空港へ行くにも交通の便が悪いこともあって、出国率は全国平均を下回っている。

 県は09年から段階的に旅券の申請受け付けなどの業務を移譲し、大館市や由利本荘市、横手市など19市町村で交付を受けられるようにしてきた。利便性の向上を図っているが、これまでのところ、1000人あたりの発行件数では効果が見られていない。

 県は、3月末に秋田空港と台湾・桃園国際空港を結ぶ定期チャーター便が就航したことで、「県民が海外渡航に意欲を持つきっかけになれば」(県民生活課)としている。

無断転載禁止
640491 0 国内 2019/06/16 09:52:00 2019/06/16 09:52:00 2019/06/16 09:52:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ