ハロウィーン中の路上飲酒禁止…渋谷区が条例可決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・渋谷で昨年秋、ハロウィーンが騒乱状態になった問題を受け、渋谷区議会は19日、多くの若者らが集まるハロウィーン期間中や年越しイベント(12月31日~1月1日)の際、渋谷駅周辺の路上や公園での飲酒を禁止する条例案を可決した。違反者への罰則は盛り込まなかった。

 飲酒の禁止エリアは、スクランブル交差点や渋谷センター街がある渋谷駅周辺。ハロウィーンは、当日の10月31日と11月1日、ハロウィーン直前の金曜から日曜日が対象で、異常に大きな音を出したり、標識や屋根に上ったりする行為も禁止する。コンビニ店などの事業者に対しては、全ての酒販売の自粛を求めている。

 渋谷区の長谷部けん区長は「条例成立に安堵あんどする。安心・安全とにぎわいの両立に責任を持つ立場として、条例の浸透を図る」などとコメントした。

 昨年10月のハロウィーンには計31万人の若者らが集結。酒に酔った若者らが軽トラックを横倒しにして逮捕されるなど、混乱した。

無断転載禁止
647077 0 国内 2019/06/19 22:14:00 2019/06/19 22:14:00 2019/06/19 22:14:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ