走行中にハンドルがロック…自転車343万台リコール

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ブリヂストンサイクルとヤマハ発動機は24日、両社がそれぞれ製造した自転車について、走行中にハンドル操作ができなくなる事故が起きたとして、経済産業省に計343万台のリコール(無償点検・改修)を届け出たと発表した。

 対象は、後輪の施錠に連動してハンドルにロックがかかる防犯システム「一発二錠」が採用された自転車で、ブリヂストンが2003年9月~15年5月に製造した316万台と、ヤマハが04年10月~15年1月に製造した27万台。ロック部分のラベルが黒色になっている。システムの不具合によりハンドルがロックする事故が17年以降、6件報告されているという。

 問い合わせは専用フリーダイヤルで、ブリヂストンが0120・502・092、ヤマハが0120・801・309。

無断転載禁止
655093 0 国内 2019/06/24 20:11:00 2019/06/24 21:18:02 2019/06/24 21:18:02

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ