博多祇園山笠、海の伝説飾り付け

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 博多祇園山笠(7月1~15日)を前に、福岡市内で飾り山の飾り付けが本格化している。

 同市中央区天神の商業施設「イムズ」の飾り山は、玄界灘の荒れた海を志賀海神社の祭神が鎮めたとされる伝説がテーマ。27日午前、人形師の中村信喬しんきょうさん(62)の指示で山大工らが飾り付けを進めた=写真、久保敏郎撮影=。イムズでの展示は初めて。開業30周年の取り組みの一環で、吹き抜け部分に設置し、高さ14メートルの飾り山を各階から鑑賞できる。

 中村さんは「色々な角度から見られても大丈夫なよう細部までこだわった。買い物で訪れる人にも楽しんでもらいたい」と話した。

 飾り山は福岡市内の14か所で7月1日から公開される。

無断転載禁止
660572 0 国内 2019/06/27 19:27:00 2019/06/27 19:27:00 2019/06/27 19:27:00 順調に作業が進む飾り山作り(27日午前9時53分、福岡市中央区天神でで)=久保敏郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190627-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ