「万引き犯」顔画像、渋谷の書店3店舗で共有へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 万引き被害の深刻化を受け、東京都渋谷区の書店3店舗が7月30日から、顔認証機能のある防犯カメラを使って、万引き容疑者の顔画像を共有する取り組みを始める。顔認証は万引き対策として既に導入されているが、別の系列の書店が顔画像を共有するのは初めてという。

 参加するのは、啓文堂書店渋谷店、大盛堂書店、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店の3店。NPO法人「全国万引犯罪防止機構」(東京)が協力する。

 同機構によると、各店に顔を識別できる防犯カメラを設置し、カメラに映った万引き容疑者の顔画像や犯行日時などをデータベースに登録する。同じ顔の人物が店を訪れると、各店のシステムが探知し、自動アラートを鳴らして来店を知らせる仕組み。店頭で顔画像を万引き防止のために共有することを周知する。

 被害抑止が目的のため、警察への通報は行わず、店員らが万引きをしないよう警戒にあたる。顔画像などのデータはインターネットから遮断した状態で管理し、弁護士らによる検証委員会が定期的に、不適切な運用がないか確認するという。

 都内の大型書店などでは万引き被害が絶えず、ネット上で高額で売買される人気本が狙われていた。同機構は「取り組みを適切に進め、甚大な被害を減らしたい」としている。

無断転載禁止
662420 0 国内 2019/06/28 19:47:00 2019/06/28 19:47:00 2019/06/28 19:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ