手足口病の患者が急増、流行警報の基準超える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 主に子どもの手足や口の中に発疹ができる手足口病の患者数が、6月23日までの1週間で、1医療機関あたり5・18人となり、流行の警報が出される基準の5人を超えた。国立感染症研究所(感染研)が2日、発表した。手足口病は隔年で流行する傾向があり、専門家は、今年は全国的に流行する可能性があるとして警戒を呼びかけている。

 感染研によると、全国約3000の小児科から報告があった患者の総数は、6月17~23日の1週間で1万6417人だった。

 都道府県別で1医療機関あたりの患者数をみると、福岡(17・33人)が最も多く、福井(15・26人)、佐賀(13・17人)、鳥取(11・84人)、高知(10・07人)、三重(10人)が続いた。計24府県で流行の警報を出す基準を超えた。

 感染研の藤本嗣人つぐと・感染症疫学センター第4室長は「乳幼児はまれに重症化することがあるので、手洗いを徹底し、タオルの共有を避けるなど予防を心がけてほしい」と話している。

無断転載禁止
668776 0 国内 2019/07/02 19:43:00 2019/07/02 22:38:25 2019/07/02 22:38:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ