児童支援施設に動物のフン…防犯カメラに敷地内走るクマの姿

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

防犯カメラに映ったクマ(県立朝日学園提供)
防犯カメラに映ったクマ(県立朝日学園提供)

 3日午後1時10分頃、山形県大江町藤田の児童自立支援施設「県立朝日学園」の敷地に、動物のフンが落ちているのを同園教諭が見つけた。園長らが防犯カメラの映像を確認したところ、クマ1頭が敷地内を走る姿が映っていたため、寒河江署に通報した。

 同署や同園によると、クマは体長約1・5メートルで成獣とみられる。同日午前5時15分頃に施設北東側のグラウンド方向から現れ、南東側の山林方向に走り去る様子が映っていた。当時、寮には入所している子供がいた。同園は当面、屋外での活動を禁止し、校舎や寮の窓の施錠を徹底するという。

無断転載禁止
674820 0 国内 2019/07/05 17:49:00 2019/07/05 17:49:00 2019/07/05 17:49:00 防犯カメラに映り込んだクマ(県立朝日学園提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190705-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ