サンマ1キロ1万9500円…小型船流し網漁

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

釧路沿岸でとれた鮮度の良いサンマが初水揚げされた(10日午前3時52分、釧路港で)
釧路沿岸でとれた鮮度の良いサンマが初水揚げされた(10日午前3時52分、釧路港で)

 釧路で水揚げ

 北海道釧路市沖の小型船(10トン未満)の流し網漁によるサンマ約48キロが10日未明、釧路港に今季初めて水揚げされた。ご祝儀相場が注目された競りでは、沿岸でとれた鮮度の良さもあり、1キロ当たり1万9500円(税別)の最高値が付いた。

 競り落とした水産加工業マルサ笹谷商店(釧路市)の笹谷剛専務(42)は、「今の相場では高い値段だが、旬物なので。釧路のほか関東や関西、札幌にも出荷する」と話した。

 小型船によるサンマは、昨年は約700キロが初水揚げされ、過去最高の3万3000円を付けた。量、値段とも大幅に下回ったことについて、市場関係者は「今年から通年で可能になった北太平洋での大型棒受け網漁船による公海サンマ漁が影響した」と口をそろえた。

 釧路港では8日、今季最初のサンマの水揚げとして、公海サンマが1キロ当たり210~300円で競り落とされている。

無断転載禁止
682975 0 国内 2019/07/10 16:04:00 2019/07/10 16:09:34 2019/07/10 16:09:34 釧路沖の沿岸でとれた鮮度の良いサンマが初水揚げされた(10日午前3時52分、釧路市の釧路港で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190710-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ