高校入学願書の性別欄廃止…長野県が性的少数者に配慮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長野県教育委員会は11日、性的少数者の受験生に配慮して、2020年2、3月に実施する県立高校入試から入学願書の性別欄を廃止することを決めた。「性別を書くことに抵抗感を持つ受験生の苦痛を和らげるため」としている。

 願書は、受験生が名前や生年月日、住所などを記入する。教員が受験生の成績や健康状態などを書く調査書は性別欄を残す。県教委によると、大阪府と福岡県でも同様の対応をしている。

無断転載禁止
686424 0 国内 2019/07/11 20:44:00 2019/07/11 20:44:00 2019/07/11 20:44:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ