睡眠薬飲ませ女性乱暴…三菱UFJ元行員、容疑で逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 婚活アプリで知り合った女性に睡眠薬を飲ませて乱暴したとして、警視庁築地署は11日、三菱UFJ銀行の元行員、千秋涼祐容疑者(28)(東京都中央区佃)を準強制性交容疑で逮捕した。

 発表によると、千秋容疑者は三菱UFJ銀行から子会社に出向中だった昨年12月16日夜、30歳代の女性会社員と中央区銀座の居酒屋で食事中に、睡眠作用のある薬物を飲ませた上で、墨田区の当時の自宅マンションに連れ込んで乱暴した疑い。「思い出せない」と容疑を否認している。

 千秋容疑者は婚活アプリを通じて女性と知り合い、会うのはこの日が初めてだった。警視庁は、女性がトイレに行った隙に食事に薬を混ぜたとみている。女性が翌日、同署に被害を届け出た。

 千秋容疑者は11日に三菱UFJ銀行を懲戒解雇された。同行は「逮捕は誠に遺憾。被害者に深くおわび申し上げる」としている。

無断転載禁止
687064 0 国内 2019/07/12 05:00:00 2019/07/12 07:38:39 2019/07/12 07:38:39

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ