セブンペイ、アルバイト店員が不正アクセス…中国籍の女を逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 セブン―イレブン・ジャパンが今月1日から始めた決済サービス「セブンペイ」が標的となった不正アクセス事件で、警視庁は12日、東京都千代田区のセブン―イレブンでアルバイト店員をしていた中国籍で、専門学校生の女(21)(東京都豊島区)を窃盗容疑で逮捕した。警視庁は、中国の犯罪グループが組織的に関与しているとみて、捜査を進めている。

 発表によると、女は4日午後10時~5日午前1時頃の間、アルバイトとして勤務していた千代田区神田須田町のセブン―イレブン店舗内で、他人名義の複数のIDとパスワードを使ってセブンペイにログインし、電子たばこなど15点(計約3万2000円相当)を不正に購入した疑い。調べに対して容疑を認め、「買った商品は、購入を依頼した友人に宅配便で送るつもりだった」などと供述している。

 女は3日に中国人の友人から中国のSNS「微信(ウィーチャット)」を通じて、「お金をあげるからセブンペイでたばこを買うのを手伝ってほしい」などと依頼され、他人のIDとパスワードを微信で伝えられた。

 アカウントを乗っ取られた都内の40歳代男性が身に覚えのない購入履歴に気付いて店側に連絡。通報を受けた警視庁が防犯カメラなどを確認し、この店でアルバイト店員をしていた女が勤務中、他人のセブンペイで商品を決済していたことを確認したという。

 都内ではセブンペイの不正利用に関する相談がほかに十数件、警視庁に寄せられているという。同庁はセブン―イレブン各店舗の防犯カメラを解析するなどして捜査を進めている。

無断転載禁止
688180 0 国内 2019/07/12 12:06:00 2019/07/12 15:55:30 2019/07/12 15:55:30

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ