上皇さま、一時強い脳貧血…健診影響?再検査も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮内庁は16日、上皇さまに一時的に強い脳貧血の症状があったと発表した。

 同庁幹部によると、上皇さまは11日の夕食前、皇居・吹上仙洞(せんとう)御所の食堂で立ちくらみが起き、しゃがみ込まれた。11日の定期健康診断による疲れが影響したとみられ、12日の健診は後日に延期された。現在は回復されているという。上皇さまは昨年7月にも、脳貧血の症状があり、経過観察が必要と診断されている。

 一方、宮内庁は、上皇后さまが健診の結果、再検査を受けられると発表した。上皇后さまはふだんと変わらない生活を送られているという。

無断転載禁止
693451 0 国内 2019/07/16 18:04:00 2019/07/16 20:57:00 2019/07/16 20:57:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ