安田純平さんパスポート、外務省が再発給を拒否

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 内戦下のシリアで武装組織に拘束され、昨年10月に解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(45)が、武装組織に奪われたパスポートの再発給を外務省に申請したところ、発給を拒否されたことがわかった。安田さんは、外務省の決定を不服として審査請求することを検討している。

 安田さんによると、拒否の通知は今月10日付。昨年10月にトルコから入国禁止措置を受けたことが拒否の理由だったという。安田さんは2015年6月にトルコから徒歩でシリアに入り、拘束された。安田さんは取材に「トルコの入国禁止措置を理由にパスポートの発給が認められず、他の国にも行けなくなるのは基本的人権を侵害している」と話した。一方、外務省旅券課は「個別の案件については答えられない」としている。

無断転載禁止
693554 0 国内 2019/07/16 20:41:00 2019/07/17 07:23:47 2019/07/17 07:23:47

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ