梅雨明けの需要増に期待、氷の製造が本格化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

工場内の貯氷庫に並べられた氷(兵庫県太子町で)=野本裕人撮影
工場内の貯氷庫に並べられた氷(兵庫県太子町で)=野本裕人撮影

 夏本番を前に、兵庫県太子町の「本田冷蔵」で氷の製造が本格化している。

 深さ約100メートルからくみあげた地下水を、高さ1メートルの箱の中に入れて凍らせる。全て凍らせると気泡が入って透明度が落ちるため、中心部が凍る前に水を捨てるという。一つの氷塊は重さ約100キロで、1日840個を製造。コンビニで販売される袋詰めのかち割り氷などに加工される。

 今年は気温が平年より低い日も多く、出荷量は昨年より少なめだが、同社は梅雨が明けると注文が一気に増えるとみて、24時間態勢で稼働している。

無断転載禁止
696138 0 社会 2019/07/18 10:01:00 2019/07/18 10:01:00 2019/07/18 10:01:00 工場内の貯氷庫で出荷を待つ氷(16日、兵庫県太子町で)=野本裕人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190718-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ