7ヘクタールに130万本のヒマワリ見頃…網走

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道網走市三眺の大曲湖畔園地で、約130万本のヒマワリが見頃を迎え、訪れた人たちが鮮やかな黄色が広がった光景を楽しんでいる=写真=。

 高さ1メートルほどのヒマワリが、園地の広さ約7ヘクタールで大輪の花を咲かせた。道内旅行中に立ち寄った東京都の会社員男性(58)は「規模が大きくてすごく奇麗だ」と喜び、カメラに収めていた。

 栽培した網走市によると、見頃は今月末まで。8月から改めて約14ヘクタールで約260万本を育て、9月29日開催の「オホーツク網走マラソン」のゴール地点を美しく演出する。

無断転載禁止
696141 0 国内 2019/07/18 10:01:00 2019/07/18 10:01:00 2019/07/18 10:01:00 約130万本のヒマワリが見頃。撮影を楽しむ観光客(17日午後1時48分、網走市三眺の大曲湖畔園地で)=大和太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190718-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ