アシカの赤ちゃん、健やかに…母が授乳で育てる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

カリフォルニアアシカの赤ちゃん(手前)と、母親のココ(15日、大洗町で)
カリフォルニアアシカの赤ちゃん(手前)と、母親のココ(15日、大洗町で)

 アクアワールド茨城県大洗水族館(大洗町)で、カリフォルニアアシカのオスの赤ちゃんが生まれ、順調に育っている。6月17日朝に誕生し、その約3時間後に母乳を飲むなど親子関係も良好。同21日に約7・5キロだった体重は今月18日には約12・3キロまで増えた。

 母はココ(17歳)、父はゴエモン(10歳)で、現在はココと一緒に過ごしている。当面はココが授乳して育て、半年ほど過ぎたらスタッフが魚を与える予定。名前はまだなく、一般公開の時期などは未定という。

 飼育を担当する海獣展示課の会田優希さん(22)は「まずは元気に育つことが一番。ショーで活躍する姿を見せられるように育てていきたい」と話している。

無断転載禁止
703682 0 国内 2019/07/23 09:50:00 2019/07/23 09:50:00 2019/07/23 09:50:00 6月17日に生まれたカリフォルニアアシカの赤ちゃん(手前)と、母親のココ(7月15日午後3時52分、大洗町で)=菊池結貴子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190722-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ