気候変動など議論、両陛下が国際シンポ開会式に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム2019」開会式であいさつをされる天皇陛下(29日午後、横浜市西区で)=松田賢一撮影
「地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム2019」開会式であいさつをされる天皇陛下(29日午後、横浜市西区で)=松田賢一撮影
「地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム2019」開会式に出席された天皇、皇后両陛下(29日午後、横浜市西区で)=松田賢一撮影
「地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム2019」開会式に出席された天皇、皇后両陛下(29日午後、横浜市西区で)=松田賢一撮影

 天皇、皇后両陛下は29日、横浜市のパシフィコ横浜で、地球科学・リモートセンシング国際シンポジウムの開会式に出席された。

 宇宙から地球を観測する技術や観測データを基にした気候変動対策などを議論する国際会議で、開会式には世界56か国・地域から約2000人が参加。水研究がライフワークの陛下はお言葉で、水災害の遠因に気候変動があるとし、「技術者及び科学者が分野横断的に議論することで、かけがえのない地球の持続可能な未来のために貢献することを願います」と述べられた。続いて両陛下は科学者らと懇談された。

無断転載禁止
714313 0 国内 2019/07/29 18:35:00 2019/07/29 22:12:25 2019/07/29 22:12:25 「地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム2019」開会式であいさつをされる天皇陛下(29日午後0時21分、横浜市西区のパシフィコ横浜で)=松田賢一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190729-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ