京アニ寄付、10億円突破…海外でも2億円超す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで35人が死亡、33人が負傷した放火殺人事件で、同社への寄付金の総額が10億円を突破した。事件は29日で発生から11日が経過し、国内外の個人や企業に支援の輪が広がっている。

 同社によると、24日夕に開設した専用口座には、29日までの5日で約4万8000件の振り込みがあり、総額約9億6500万円にのぼった。

 IT大手「ヤフー」と「日本アニメーター・演出協会」が共同で設けた募金窓口にも、計約2600万円が寄せられた。

 コンビニ店やインターネット通販の買い物などでたまる「Tポイント」は、1ポイントを1円として寄付することが可能で、運営会社が実施する「緊急募金」は総額約1000万円相当にのぼっている。

 「日本動画協会」や、作品ゆかりの地なども募金活動を行っている。

 海外では、日本アニメの海外配信に携わる米企業「センタイ・フィルムワークス」が事件当日の18日から、ネット上で寄付を募るクラウドファンディングを開始しており、29日までに計約230万ドル(約2億5000万円)が集まった。7月末まで受け付ける。

 京都アニメーションは、寄付金を遺族や負傷者、会社再建に使うとしており、使途を公開する方針。

 同社は29日、ホームページに「これからも夢と希望と感動を育むアニメーションを届け、社会と地域に貢献していくため、必死に戦っていきます」とのコメントを日本語や英語、中国語など6か国語で掲載した。

 同社の口座は、京都信用金庫南桃山支店(当座0002890)。名義は「株式会社京都アニメーション代表取締役八田英明」。

無断転載禁止
714485 0 国内 2019/07/29 21:19:00 2019/07/29 23:11:54 2019/07/29 23:11:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190729-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ