新宿での人骨大量発掘から30年「軍医学校の人体標本か」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

人骨が発掘されてからの30年間を振り返るパネル展(新宿区で)
人骨が発掘されてからの30年間を振り返るパネル展(新宿区で)

 東京都新宿区の国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)建設現場で1989年に大量の人骨が見つかってから、先月で30年を迎えた。発掘現場は戦時中、人体実験を行ったとされる旧日本軍「731部隊」と関係が深い軍医学校跡地で、身元や埋められた経緯を巡って臆測が飛んだが、関係は今も謎のままだ。真相解明を求める市民団体は今夏、パネル展を開き、その歴史を語り継いでいる。

 

 見つかったのは少なくとも62体分の人骨で、頭部や太ももが多かったという。

 新宿区は当時、佐倉朔・元札幌学院大教授(2015年死去)に鑑定を依頼。92年には、骨は日本を含むアジア系の人種「モンゴロイド」の人骨と推定されるとの結果を得た。骨にノコギリによって一部が切り取られたり、ドリルで穴を開けられたりした痕跡があることも判明した。

 発掘現場周辺には戦時中、旧日本軍の軍医学校の関連施設が集中。細菌戦の研究で人体実験を行ったとされる731部隊の部隊長だった石井四郎中将が創設した防疫研究室もあった。

 このことから、厚生労働省は、軍医学校の関係者ら延べ368人を対象に聞き取りやアンケートの調査を実施。2001年に結果を発表し、「軍医学校の人体標本の一部である可能性が高いが、国籍や731部隊との関連は不明」として調査を終えた。

 見つかった人骨は現在、発掘現場近くの納骨施設に安置されている。同省は「新たな手がかりがなく、今後、調査や鑑定をする予定はない」としている。

 

軍医学校跡地で発掘された人骨を安置している納骨施設(新宿区戸山で)
軍医学校跡地で発掘された人骨を安置している納骨施設(新宿区戸山で)

 一方で、「戦時中、実験材料にされた人の遺骨が含まれているのでは」といった臆測は消えていない。

 研究者らの有志でつくる市民団体「軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会」(武蔵野市)は、行政に人骨の身元や経緯の再調査を求めており、独自に元軍医らにインタビューしたり、文献を調べたりしてきた。

 7月19~21日には、人骨が発掘されたことを多くの人に知ってもらおうと発掘からの30年間を振り返るパネル展や講演会、軍医学校跡地や納骨施設を巡るフィールドワークを区内で企画。100人以上が参加した。

 団体代表で元新宿区議の川村一之さん(67)は「十分な調査や鑑定が行われれば、骨の身元確認につながる可能性はある。今後も行政への働きかけと調査を継続したい」と話している。

 ◆731部隊=生物兵器部隊として満州(現・中国東北部)に配備された関東軍防疫給水部の別称。多くの中国人、モンゴル人などの捕虜に対し、細菌の人体実験を行ったとされる。

無断転載禁止
724117 0 国内 2019/08/03 22:48:00 2019/08/04 09:21:25 2019/08/04 09:21:25 大量の人骨が発掘されてからの30年間を振り返るパネル展を企画(19日、新宿区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190802-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ