愛媛の海岸で「H―1グランプリ」「はんぎり甲子園」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

おけを揺すった反動で海の上を進む参加者たち(松前町で)
おけを揺すった反動で海の上を進む参加者たち(松前町で)

 「はんぎり」と呼ばれる大きなおけに乗って、海の上で速さを競う大会「はんぎり競漕きょうそう(H―1グランプリ)」が3日、愛媛県松前町北川原の塩屋海岸で開かれ、真夏の炎天下、約350人が熱戦を繰り広げた。

 はんぎりは直径約1メートル、深さ約40センチ。道具を使わず、おけの縁をつかみ、膝を屈伸させて揺すった反動で進む。戦前までは、地元の漁師が地引き網漁で取れた魚を、沖合の船まで運ぶために使われていたという。

 大会は、海上に浮桟橋で囲った20メートルのコースで、個人戦や団体戦のほか、小学生の部、県内13高校から25チームが出場した「はんぎり甲子園」などの部門に分かれて競った。全然前に進まなかったり、バランスを崩して転覆したりする参加者もいて、会場からは大きな声援が送られていた。

 はんぎり甲子園で優勝した県立今治北高大三島分校のメンバー(18)は「暑かったけれど、海の上は気持ちよかった。おけと一体になってつかんだ勝利です」と笑顔で話していた。

無断転載禁止
724613 0 社会 2019/08/04 11:01:00 2019/08/04 11:01:00 2019/08/04 11:01:00 熱戦を展開するはんぎり競漕の参加者(松前町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190804-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ