上皇后さま、早期の乳がんと診断され手術へ…宮内庁発表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮内庁は9日、上皇后さま(84)が比較的早期の乳がんと診断されたと発表した。来月以降、手術を受けられる。

 同庁によると、上皇后さまは7月12日の定期健康診断のエコー検査で左乳腺に腫瘤しゅりゅうが見つかった。同15日に東大病院で行われた磁気共鳴画像(MRI)検査で悪性を疑わせる所見があり、8月2日に宮内庁病院で「針生検」と呼ばれる組織検査を受けた結果、比較的早期の乳がんと診断された。

 上皇后さまは、10年以上前から乳がんの検査を受けられており、半年から1年ほど前の検査では異常は見つからなかった。同庁は「転移はない確率が高い」としている。

 上皇后さまは6月、心臓の弁の逆流症と診断されたほか、白内障手術も受けられた。体重が急激に減少するなど体力の低下が心配されている。このため、8月下旬の長野・軽井沢と群馬・草津での静養は予定通り行い、体力を回復させてから手術を受けられるという。

無断転載禁止
734035 0 国内 2019/08/09 20:40:00 2019/08/10 05:16:03 2019/08/10 05:16:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ