15日頃西日本上陸か…台風10号「超大型」に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象庁によると、台風10号は大型から「超大型」に変わり、13日午前0時現在、父島の西約550キロの太平洋上にあり、時速約15キロの速さで北西に進んでいる。中心気圧は965ヘクト・パスカル。最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径330キロ圏内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 15日頃に西日本に接近し、上陸する恐れがある。

 台風接近に伴い、13日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで東海地方200ミリ、近畿地方150ミリ。その後、14日午後6時までの24時間の予想雨量は多いところで東海、近畿、四国、九州北部・南部で200~300ミリに上る見込みという。

 西日本から東日本の太平洋側では15日以降も広い範囲で雨雲が発達、雨量がさらに多くなる恐れがあるとして、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風に注意するよう、呼びかけている。

 さらに、小笠原諸島ではすでに強風で海が大しけとなっており、13日明け方から東日本と西日本の太平洋側や沖縄で、海がうねりを伴った大しけとなる見込み。13日にかけて予想される波の高さは小笠原諸島で8メートル、四国、九州南部、奄美地方で7メートル、伊豆諸島、東海、近畿、九州北部、沖縄地方で6メートルに達するとみられている。

 13日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州南部と沖縄で35メートル、四国、奄美地方、小笠原諸島で30メートル。

無断転載禁止
737312 0 国内 2019/08/12 17:37:00 2019/08/13 01:20:47 2019/08/13 01:20:47

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ