おてんばパンダ彩浜、スクスク1歳…誕生日祝う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」のジャイアントパンダ「彩浜サイヒン」(メス)が14日、1歳になった。この日午前、誕生会が開かれ、入園者らが健やかな成長を祝った。

1歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの「彩浜」(14日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)=長沖真未撮影
1歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの「彩浜」(14日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)=長沖真未撮影

 彩浜は同施設では最も小さい体重75グラムで誕生。自力で母乳を飲めず、成長が危ぶまれたが、飼育スタッフが保育器に入れて24時間態勢でサポートし、1か月で体重は約10倍になった。

 現在の体重は26・4キロまで増え、永久歯も間もなく生えそろう。屋外運動場では、母親の良浜ラウヒンにじゃれたり、滑り台で遊んだりと、おてんばぶりを発揮している。

 この日は木製のバースデーケーキや、竹で作ったジャングルジムなどの遊具をプレゼントされ、ケーキに飾り付けられたリンゴやニンジンを食べたり、遊具によじ登ったりした。

 大阪府枚方市の大学3年の女性(22)は「生まれた時、小さかったので心配し、毎日アドベンチャーワールドのSNSでチェックしていた。こんなに大きく成長して感慨深いです」と目を細めていた。

無断転載禁止
739779 0 国内 2019/08/14 12:49:00 2019/08/14 12:49:00 2019/08/14 12:49:00 1歳の誕生日を迎え、バースデーケーキの雪で遊ぶパンダの彩浜(サイヒン)(14日午前7時52分、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190814-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ