台風10号、太平洋側で1200ミリ超す大雨も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

台風の影響による欠航便を知らせる羽田空港のモニター(14日午前11時1分)=横山就平撮影
台風の影響による欠航便を知らせる羽田空港のモニター(14日午前11時1分)=横山就平撮影
明日の試合の中止を知らせる甲子園球場の大型画面(14日午前、兵庫県西宮市で)=近藤誠撮影
明日の試合の中止を知らせる甲子園球場の大型画面(14日午前、兵庫県西宮市で)=近藤誠撮影

 大型の台風10号は14日、鹿児島県・種子島南東の海上を北北西へ進んだ。15日には九州から四国地方に接近・上陸し、西日本を縦断する見込み。太平洋側では降り始めからの雨量が1200ミリを超える恐れもあり、各地の新幹線では、あらかじめ運休を決める「計画運休」に踏み切るなど、お盆期間中の交通やイベントに大きな影響が出ている。気象庁は土砂災害や河川の増水などに厳重に警戒するよう呼びかけている。

 JR西日本は14日、台風の接近に伴い、15日の終日、山陽新幹線の新大阪―小倉間で計画運休を実施すると発表した。15日は始発から終電まで、臨時列車を含む全ての便を同区間で運休する。JR東海も「のぞみ」など東海道新幹線で、予定していたダイヤ全体の約15%にあたる約60本を運休することを決めた。JR九州も九州新幹線の博多―鹿児島中央間で本数を減らす。

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われている全国高校野球選手権大会の大会本部も、15日に予定していた3回戦4試合を16日に順延すると発表した。その後も1日ずつ順延し、決勝は22日に行われる予定。

 空の便は14日に宮崎空港を発着する便を中心に日本航空と全日空が国内線計96便の欠航を決定。約8500人に影響が出る見通し。

 気象庁によると、台風10号は14日正午現在、中心の気圧は965ヘクト・パスカル、最大風速は30メートル。風速15メートル以上の強風域が半径800キロ以上の「超大型」ではなくなったが、広い範囲で強風が吹いている。

 太平洋側を中心に台風本体や周辺の発達した雨雲が流れ込むため、雷を伴った非常に激しい雨が見込まれる。15日正午までの24時間に予想される雨量は、四国で900ミリ、東海で600ミリ、近畿や九州で500ミリなど。また、15日にかけて西日本の太平洋側を中心に猛烈な風が吹く見込みで、最大瞬間風速は四国で45メートル、九州で40メートルなどと予想されている。

無断転載禁止
739603 0 国内 2019/08/14 11:32:00 2019/08/14 15:18:21 2019/08/14 15:18:21 台風の影響による欠航便を知らせる羽田空港のモニター(14日午前11時1分、羽田空港で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190814-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ