フェーン現象による熱風か、新潟でついに40度

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本海側は14日、台風10号からの暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で気温が上昇し、新潟県上越市で40・3度を観測した。今年40度を超えたのは全国で初めて。

 気象庁によると、北陸を中心とした日本海側では、南風が高温になって吹き付ける「フェーン現象」が起きたとみられ、新潟県三条市で39・5度、新潟市東区で38・9度を観測。西日本でも山口市で38度、鳥取市で37・8度となるなど猛暑に見舞われた。北陸と東北の日本海側は15日も台風の影響で厳しい暑さが続く見通し。

無断転載禁止
741795 0 国内 2019/08/14 18:17:00 2019/08/14 18:17:00 2019/08/14 18:17:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ