来たれ若者、献血でナース姿のガルパングッズ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

400ミリ・リットルの献血を行うと、希望者はオリジナルの下敷きまたは定規がもらえる(13日、水戸市で)
400ミリ・リットルの献血を行うと、希望者はオリジナルの下敷きまたは定規がもらえる(13日、水戸市で)

 若者に献血に協力してもらおうと、茨城県赤十字血液センターは、人出の多い夏休みに合わせ、茨城県大洗町が舞台のアニメ「ガールズ&パンツァー」と連携した献血推進キャンペーンを今年も行っている。

 2013年度から行っている取り組み。31日までの期間中、水戸市とつくば市の献血ルームのほか、県内各地の商業施設や役所などを回る献血バスで、400ミリ・リットルの献血を行うと、希望者はナース姿のアニメキャラクターが描かれたオリジナルの下敷きや定規がもらえる。

 センターによると、県内の献血者数は11年度の10万6899人をピークに減少傾向。昨年度は前年度より微増したものの、9万7124人だった。特に10~30代の献血者数はこの10年で約3割減っており、若年層の献血拡大が課題という。担当者は「キャンペーンを機に献血に興味をもってもらえれば」と話している。

無断転載禁止
742682 0 国内 2019/08/15 08:07:00 2019/08/15 08:07:00 2019/08/15 08:07:00 400ミリ・リットル献血を行うと、希望者はオリジナルの下敷きか定規がもらえる(13日、水戸市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190814-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ