車イス女性を雨中に放置…「歩行訓練」と称して

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道警門別署は14日、日高町清畠、グループホーム「あすなろ」施設長、宗京むねきょうみどり被告(55)(傷害罪で起訴済み)を保護責任者遺棄容疑で再逮捕した。発表によると、宗京被告は4月5日、車イスで動けない90歳代の入所者女性を「歩行訓練」と称して、雨の中、施設前の屋外に約40分間、放置した疑い。

 宗京被告は7月22日、施設内で80歳代の入所者男性の頬を平手打ちし、けがを負わせたとして逮捕されていた。

無断転載禁止
742846 0 国内 2019/08/15 10:19:00 2019/08/15 10:34:10 2019/08/15 10:34:10

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ