台風10号、中国地方から日本海へ…なお大雨警戒呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

台風10号の影響による運休区間などの状況を示す掲示板(15日午後2時55分、JR名古屋駅で)=佐藤俊和撮影
台風10号の影響による運休区間などの状況を示す掲示板(15日午後2時55分、JR名古屋駅で)=佐藤俊和撮影

 大型の台風10号は15日午後3時頃、広島県呉市付近に上陸、中国地方を縦断し、夜に日本海上に抜けた。西日本を中心に雨や風が強まり、高知県馬路村で60・5ミリの1時間雨量を観測したほか、同県室戸市で41・9メートルの最大瞬間風速を記録。JR西日本は山陽新幹線の新大阪―小倉間で計画運休を実施し、関西、大阪(伊丹)、神戸の各空港でも計423便が欠航した。

 読売新聞のまとめでは、広島県尾道市で15日午前、船を係留中の男性(82)が海に転落して死亡したほか、12府県で49人が重軽傷を負った。午後11時現在、和歌山、高知など9県で約17万世帯約36万人に避難指示・勧告が発令されている。

 気象庁によると、台風10号は16日午前0時現在、松江市の北約180キロの海上を時速35キロで北に進んでいる。中心気圧は980ヘクト・パスカル、最大風速25メートル。台風は今後、日本海を北東に進む見通しで、16日から17日にかけ東北や北海道で大雨となる恐れがある。また、台風の通過後も周辺の発達した雨雲がかかり、西日本や東日本で局地的に猛烈な雨が降る恐れもあるとして、土砂災害や低い土地の浸水に注意するよう呼びかけている。

 台風の通過に伴い、北陸や東北の日本海側では、山を越えて暖かい風が吹き下ろす「フェーン現象」が起き、新潟県胎内市で40・7度を観測するなど、北陸や東北の日本海側を中心に厳しい暑さに見舞われた。

無断転載禁止
743828 0 国内 2019/08/15 21:14:00 2019/08/16 00:46:04 2019/08/16 00:46:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190815-OYT1I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ