横浜市がカジノ誘致へ…候補地に山下ふ頭、市長が近く表明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 横浜市が、カジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致する方針を固めたことが、市関係者らへの取材で分かった。林文子市長が近く表明する。市は候補地として、山下公園に隣接する山下ふ頭(横浜市中区)を検討。東京都心部や羽田空港からの交通利便性が高い横浜が名乗りを上げることで、自治体間の誘致競争が過熱しそうだ。

 市は9月の市議会定例会に、約3億円の関連費を盛り込んだ補正予算案を提出する。「IR推進室(仮称)」も新設する予定だ。

 林市長は誘致に一時前向きだったが、3選に臨んだ2017年の市長選を前に「白紙状態」と慎重姿勢に転じた。その後、参入に前向きな民間企業12社から提出された計画案を検討するなどした結果、市の観光や経済発展に有益になると判断した。

 市が立地先に検討している山下ふ頭は47ヘクタールで、再開発が予定されている。ただ、ふ頭には誘致に反対する港湾関係者らの倉庫などがあるほか、市民に治安悪化を懸念する声も強く、市は説明会を重ねて理解を求める考えだ。

 政府はIRを成長戦略の柱に据え、昨年7月に成立したIR実施法では国内で3か所までの設置が認められている。誘致する自治体は実施方針を定めて事業者を公募。選定後に整備計画を作り、地元議会の議決を経て国土交通相に申請する。

 政府が昨年秋、都道府県と政令市を対象に実施した意向調査では、大阪府・市、和歌山、長崎両県が「申請する」、北海道や東京都、横浜、千葉両市が「誘致を検討中」と回答した。

無断転載禁止
749127 0 国内 2019/08/19 05:00:00 2019/08/19 07:45:35 2019/08/19 07:45:35

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ