羽田新ルート、30日から飛行検査…小型ジェット機で毎朝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都心上空を通過して羽田空港に着陸する新飛行ルートが来年3月に始まるのを前に、国土交通省は23日、小型ジェット機による飛行検査を今月30日から始めると発表した。12月下旬まで続け、離着陸を支援する羽田のレーダーや無線が正常に作動するかを調べる。

 国交省によると、飛行検査は30日からほぼ毎日、午前6~8時頃にかけて実施される。6人乗りの小型ジェット機が新ルートを含む様々なルートを飛び、都心上空では1000メートル以下を飛行する日もある。ルート下では一定の音が聞こえる可能性があり、国交省は「折り込みチラシやホームページで、飛行スケジュールを定期的に示したい」としている。

無断転載禁止
759611 0 国内 2019/08/23 23:46:00 2019/08/23 23:46:00 2019/08/23 23:46:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ