高円寺阿波おどり、6000人が「ヤットサー」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「東京高円寺阿波おどり」が開幕し、息の合った踊りで会場を盛り上げる人たち(24日午後、東京都杉並区で)=杉本昌大撮影
「東京高円寺阿波おどり」が開幕し、息の合った踊りで会場を盛り上げる人たち(24日午後、東京都杉並区で)=杉本昌大撮影

 「第63回東京高円寺阿波おどり」(読売新聞社など後援)が24日、東京都杉並区のJR高円寺駅周辺で開幕した。「ヤットサー」の掛け声とともに、あでやかな衣装に身を包んだ約6000人の踊り手たちが商店街などを練り歩いた。

 1957年に街おこしの一環として始まり、東京の夏の風物詩として親しまれてきた。軽快なお囃子はやしに合わせて息の合った踊りが披露されると、沿道の観客たちから大きな歓声が上がった。25日も行われ、2日間で約1万1000人が参加し、計約100万人が来場する見通し。

無断転載禁止
760721 0 国内 2019/08/24 22:03:00 2019/08/24 22:03:00 2019/08/24 22:03:00 「東京高円寺阿波おどり」が開幕し、息の合った踊りで会場を盛り上げる踊り子たち(24日午後6時11分、東京都杉並区で)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190824-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ