佐賀のうどん店、壁に高さ1mの「水が押し寄せた跡」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

浸水した雑貨店の後片付けをする女性(29日午前、佐賀県武雄市で)=秋月正樹撮影
浸水した雑貨店の後片付けをする女性(29日午前、佐賀県武雄市で)=秋月正樹撮影

 記録的な大雨による大規模な冠水被害から一夜明けた佐賀県では29日、時折、雨が降る中、自治体や住民らが復旧作業や片付けに追われた。同県大町おおまち町では孤立状態が続く病院に職員らが町などのボートで派遣され、自宅で夜を過ごした周辺の住民らも救助された。

 鉄工所から流出した油が混じった水が1階部分に流れ込んだ大町町の順天堂病院と併設する老人保健施設。一晩中働いた介護職員の女性(51)は29日午前、勤務交代のためボートで施設を出た。「不安を感じている高齢者もいたので『大丈夫ですよ』と呼びかけた。食料や水は入所者らに提供できた」と話した。

 佐賀県医務課によると、同病院と老人保健施設には午前7時現在、患者110人と入所者69人、医師や看護師らも合わせて計215人が残っている。患者と入所者のうち7割が寝たきりで、43人は人工呼吸器を利用している。冠水で前日は出勤できず、この日ボートで職場に向かった介護職員の女性(40)は「助けに行けずに歯がゆかった。丁寧に心のケアをしてあげたい」と語った。

 水が引いた地域では、住民らが自宅に戻り、水浸しになった家の片付けを進めた。佐賀市大財おおたからの男性(84)は、一時、膝下ほどまで浸水した木造2階建ての自宅で、ぬれた家具を外に出したり汚れた床を拭いたりした。「高齢なので片付けも一苦労だ。早く普通の生活に戻りたい」とため息をついた。

 交通規制が一部解除された佐賀県武雄市の国道34号沿いの飲食店やホームセンターでは、従業員らが朝から作業に追われた。うどん店「かま蔵」では、店内の壁に約1メートルの高さまで水が押し寄せた跡が残っていた。従業員ら6人が割れたコップや散乱したいすを片付けたり、泥水を吸った畳を店の外に運び出したりした。

無断転載禁止
769001 0 社会 2019/08/29 14:19:00 2019/08/29 14:19:00 2019/08/29 14:19:00 浸水した商店の後片付けをする女性(29日午前9時2分、佐賀県武雄市で)=秋月正樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190829-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ