東海道新幹線、大きな荷物持ち込みは事前予約制に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

来年5月から事前予約が必要になる大きさのスーツケース(奥)。各駅では、乗客が荷物のサイズを確認できる場所も設けるという(29日、東京都内で)
来年5月から事前予約が必要になる大きさのスーツケース(奥)。各駅では、乗客が荷物のサイズを確認できる場所も設けるという(29日、東京都内で)

 JR東海は29日、東海道新幹線の乗客が巨大な荷物を車内に持ち込む場合、事前予約制にすると発表した。山陽、九州の両新幹線も同じ対応を行う。来年の東京五輪・パラリンピックでは、大きな荷物を携える外国客らが増えるとみられ、混乱を避けるための措置。いずれも来年5月中旬から適用される。

 予約制は、縦・横・奥行きの3辺の合計が160センチを超える荷物が対象となる。予約は先着順で追加料金は発生しないが、券売機やインターネットで指定席とともに予約が必要。予約しないで対象の荷物を持ち込むと手数料1000円がかかる。3辺の合計が250センチを超える荷物は、これまで同様、車内に持ち込めない。

 指定席車両の最後部座席の後ろが専用の荷物置きスペースとなる。2023年度からは、東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」といった一部車両の洗面所を改修し、盗難防止機能付きの荷物置き場も設置する。

無断転載禁止
769646 0 国内 2019/08/29 20:41:00 2019/08/29 20:41:00 2019/08/29 20:41:00 事前予約が必要になる大きさのスーツケース(奥)。各駅では乗客がサイズを確認できる場所も設ける。(29日) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190829-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ