飲食店に「禁煙」標識、早くも登場…受動喫煙防止条例施行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

受動喫煙防止条例の一部施行を前に、禁煙の標識を掲示した飲食店(31日午後、東京都中央区で)=大原一郎撮影
受動喫煙防止条例の一部施行を前に、禁煙の標識を掲示した飲食店(31日午後、東京都中央区で)=大原一郎撮影

 東京都内の飲食店で1日、都受動喫煙防止条例に基づいて、喫煙・禁煙の標識の掲示が義務づけられる。飲食店が並ぶ中央区・日本橋では8月31日、経営者らが店頭に「禁煙」などと記されたステッカーを貼る作業などにあたった。

 受動喫煙対策をめぐっては、改正健康増進法が来年4月に全面施行され、飲食店や会社などは原則、屋内禁煙となる。東京では来年、「(たばこの煙のない)スモークフリー」を掲げる五輪・パラリンピックの開催を控えており、都は同法より厳しく規制する条例を制定。1日からは標識の掲示などの規制が始まる。

 31日に「禁煙」の標識を店頭に置いた日本橋室町の日本酒バー「八海山 千年こうじや」店主の尾身修さん(44)は「増え続ける外国人客にも取り組みを伝えられる」と歓迎。ランチタイム禁煙の洋食店「レストラン桂」を営む手塚清照きよあきさん(42)も「禁煙のPRで、常連客以外にも来てもらえれば」と話していた。

無断転載禁止
772670 0 国内 2019/08/31 20:40:00 2019/09/01 00:22:52 2019/09/01 00:22:52 東京都受動喫煙防止条例の施行を前に、禁煙の標識が掲示された飲食店(31日午後2時38分、東京都中央区で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190831-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ