身近にある「死角」、16都府県に計441か所…#危険なバス停<2>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 前回の記事(こちら)では、「危険なバス停」のそばで車にはねられて命を落とした女児の遺族の思いと、今も存在するバス停の動画を紹介した。それでは、そのようなバス停は全国にどれくらい存在するのだろうか。

 読売新聞社会部の取材班は8月、民間バス会社など約2400事業者が加盟する47都道府県のバス協会を対象に、〈1〉路線バスの乗降時に車体が横断歩道にかかるバス停〈2〉横断歩道が近接して問題視されているバス停――について、把握しているかどうかなどをアンケートした。すべてのバス協会から回答を得た。

 その結果、こうした「危険なバス停」があると答えたのは、三重(104か所)、神奈川(84か所)、長崎(70か所)など10県だった。富山、宮崎両県はゼロで、34道府県のバス協会は「把握していない」とした。東京バス協会は「数は把握しているが公表できない」という。

 バス停が交差点の近くにあるため、停車したバスの車体が横断歩道を完全に塞いだり、交差点にはみ出して車や人の往来を妨げたりするケースもあった。中には、既に移設されたバス停もあるという。

 取材班は、47のバス協会のほか、一般社団法人「公営交通事業協会」に加盟し、公営の路線バスを運営する18自治体にも取材した。すると、都営バスと京都市営バスはそれぞれ11か所あると回答した。また、大阪府の高槻市営バスは6か所、仙台市営バスは5か所、佐賀市営バスは4か所、松江市営バスは1か所あると答えた。

 取材結果を総合すると、「危険なバス停」は、少なくとも16都府県で計441か所に上る。取材班が得た「危険なバス停」の一部は、一覧にしてこの記事の最後に紹介させていただく。

 道路交通法は、交差点から5メートル以内での駐停車を禁じるが、バスの乗降時の停車は例外。都道府県によってはバス停と交差点の最短距離を15~30メートルなどとする内規がある。バス停の新設・移設には警察や道路管理者の許可が必要で、ルール化の前に設置されたバス停などが各地に存在する。

 危険なバス停の付近では人身事故が起きている。前回記事で報告したように、横浜市では昨年8月、バスを降りて道路を渡ろうとした小学5年の女児(当時10歳)が対向車にはねられて亡くなった。神奈川県内では、2015年12月と今年4月にも軽傷事故が起きた。どれも、歩行者が、バスの作る死角に入るなどしたためとされる。

 重要なのは、こうした危険なバス停や、どれくらい事故が起きているかといった全国的なデータが存在しないことである。

 読売新聞の取材を受け、事態を重くみた国土交通省は、全国のバス事業者から情報収集を始めた。政府関係者は「悲惨な事故をなくせるよう、各省庁や関係機関が連携して対応を考える必要がある」と話した。

 神奈川県と兵庫県では、交差点そばのバス停を移設するなどの対策が進んでいる。山形県と富山県の一部バス会社も移設を始めた。

 ただ、まずは現状の把握が出発点となるだろう。戸崎とざきはじめ・桜美林大教授(交通政策)は「バスが横断歩道や交差点のそばに停車すると、事故のリスクは格段に高まる。事故が多数起きている可能性があり、早急に全国調査を行うべきだ」と指摘する。

 次回の報告では、「危険なバス停」が存在する背景に分け入りたい。

 ※ご意見、ご感想を読売新聞社会部<shakai@yomiuri.com>までお寄せください。

所在地が明らかになった「横断歩道と近接したバス停」一覧

 〔所在地〕バス停名

東京都(2018年10月時点)※情報公開請求に都が開示

 〔青梅市〕

 成木二丁目自治会館前▽多摩高校前

 〔足立区〕

 小台町(両方向)▽小台東(両方向)▽桜木土手上(両方向)▽新渡し(両方向)

 〔江戸川区〕

 東葛西三丁目

神奈川県(19年3月時点)※県警資料より

 〔横浜市中区〕

 三渓園入口▽打越橋

 〔横浜市金沢区〕

 西ケ谷戸

 〔横浜市南区〕

 井土ケ谷下町(19年2月に廃止)▽どんどん商店街▽大岡住宅前▽会館前

 〔横浜市西区〕

 戸部本町紅梅通り(19年1月に移設)▽サンモール西横浜

 〔横浜市神奈川区〕

 長導寺前▽滝坂▽松本▽片倉町入口

 〔横浜市保土ヶ谷区〕

 新井小学校下▽釜台住宅第二▽西釜台(常盤台58)▽西釜台(常盤台61)▽宮田中学校前▽法泉町▽岩崎中学校前 

 〔横浜市旭区〕

 露木(19年2月に移設)

 〔横浜市港北区〕

 綱島変電所▽吉田新田▽観音前(大倉山2―8)▽観音前(大倉山3―63)

 〔横浜市緑区〕

 地蔵前(18年12月に移設)

 〔横浜市青葉区〕

 奈良町(19年2月に移設)▽東福寺▽さつきが丘(19年2月に移設)

 〔横浜市戸塚区〕

 舞岡中学校前▽長久保▽細田

 〔横浜市栄区〕

 洞窟前▽久保(18年12月に移設)▽公田団地▽団地下▽中島▽本郷▽住友電工

 〔横浜市瀬谷区〕

 相沢

 〔川崎市幸区〕

 東小倉小学校 

 〔川崎市多摩区〕

 南生田4丁目 

 〔横須賀市〕

 新宿(19年3月に移設)▽番場▽漆山(19年3月に移設)▽外畠(19年1月に移設)▽外来門(19年2月に移設)

 〔葉山町〕

 南郷中学校(18年11月に移設)▽境橋▽森戸神社

 〔鎌倉市〕

 鎌倉霊園正門前大刀洗▽西鎌倉入口▽下関▽上岩瀬

 〔藤沢市〕

 南町

 〔平塚市〕

 駒返橋(19年3月に移設)▽向原(南原1―1)▽向原(御殿1―35)

 〔山北町〕

 堂山

 〔秦野市〕

 今泉▽落合▽くず葉台▽北公園前▽やまの台緑地▽渋沢中入口

 〔伊勢原市〕

 高森4丁目▽東京農大伊勢原農場前(18年10月に移設)▽あたご滝(19年2月に移設)▽菊屋前(19年2月に移設)▽諏訪坂下

 〔厚木市〕

 平山坂上(上荻野2652)▽平山坂上(上荻野2647)▽十軒村▽東京工芸大学前(19年2月に移設)

 〔愛川町〕

 馬渡▽馬渡▽深沢尻

 〔大和市〕

 東原

 〔相模原市中央区〕

 南光寺前

 〔相模原市南区〕

 御園5丁目▽若葉団地(上鶴間1―18)▽若葉団地(上鶴間2―17)

 〔相模原市緑区〕

 底沢▽上稲生

兵庫県(19年5月時点)※県警が取材に回答

 〔神戸市灘区〕

 青谷橋

 〔神戸市須磨区〕

 須磨水族館前

 〔神戸市垂水区〕

 高丸

 〔神戸市北区〕

 七社前▽新有馬▽勝雄

 〔川西市〕

 ケーブル前

 〔三田市〕

 乙原

 〔篠山市〕

 今福▽東木の部▽木津

 〔丹波市〕

 市辺▽香良口▽北田井▽南田井

 〔稲美町〕

 泥ヶ谷

 〔加古川市〕

 薬栗

 〔姫路市〕

 船津御立▽重国▽田井西口

 〔福崎町〕

 西光寺稲荷前 

 〔神河町〕

 根宇野

 〔市川町〕

 下岡

 〔太子町〕

 鳩

 〔相生市〕

 鰯浜

 〔養父市〕

 十二所▽中村上

 〔淡路市〕

 津名中学校前▽柏原

無断転載禁止
773698 0 国内 2019/09/01 19:20:00 2019/09/02 21:15:03 2019/09/02 21:15:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190901-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ