「教委は大ウソつき」と残し、男子生徒が自殺か…いじめ認められず過去に未遂3回

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県川口市の特別支援学校高等部1年の男子生徒(15)が8日未明、自宅近くのマンション敷地内で死亡しているのが見つかった。飛び降り自殺を図ったとみられ、母親の代理人らが9日に記者会見し、明らかにした。男子生徒は中学生の頃のいじめを訴え、市教育委員会の第三者委員会が調査していた。

 代理人などによると、男子生徒は2016年4月に市立中学校に入学し、サッカー部に入部。同年5月頃から、同級生や先輩から悪口を言われたり、仲間はずれにされたりしたという。同年9月、いじめを当時の担任らに訴えたが、学校側は認めず、男子生徒は17年4月までに計3回、自殺未遂した。市教委は同年11月に第三者委員会を設置した。

 代理人は9日、男子生徒が「教育委員会は大ウソつき。なんのためにいきているのか分からなくなった」などと記したノートを残していたことを明らかにした。市教委の担当者は「非常に残念なこと。これまでの経緯を検証したい」と話した。

無断転載禁止
786208 0 国内 2019/09/09 19:47:00 2019/09/09 21:33:45 2019/09/09 21:33:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ