原発処理水「海へ放出するしかない」…所管外の環境相が言及

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う汚染水を浄化した「処理水」について、原田環境相は10日の閣議後記者会見で、「海へ放出して希釈するしか選択肢はないと思う」と述べた。環境省は処理水の扱いについては所管外。海洋放出を巡っては地元から反対意見が出ており、波紋を呼びそうだ。

 原田環境相は「単なる意見」とした上で「風評被害や諸外国への影響は大きく、対策はしなければいけないが、どこかで決断することも大切だ」と述べた。

 政府の有識者委員会は、これまで海洋への放出を軸に検討してきたが、地元などの反対で議論が停滞。約7か月ぶりに開いた先月の委員会では、経済産業省が処理水を長期保管する新たな選択肢を示していた。

無断転載禁止
787253 0 国内 2019/09/10 12:32:00 2019/09/10 13:35:13 2019/09/10 13:35:13

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ