乳がんの摘出手術の上皇后さま、東大病院を退院…術後順調

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 乳がんの摘出手術を受けた上皇后さま(84)は10日、東京都文京区の東大病院を退院された。

 午後2時頃、東大病院の入院棟の玄関に出た上皇后さまは、多くの入院患者らに笑顔で手を振り、瀬戸泰之病院長と執刀医の田辺真彦乳腺・内分泌外科長らに「お世話をかけました。ありがとうございました」と声をかけられた。

 その後、3日ぶりにお住まいの皇居・吹上仙洞せんとう御所に戻られた。午後4時頃には、天皇、皇后両陛下がお見舞いのため仙洞御所を訪問された。

 宮内庁によると、術後の経過は順調で、今後の治療方針は、最終的な病理診断の結果を踏まえて決めるという。

無断転載・複製を禁じます
788014 0 ニュース 2019/09/10 18:30:00 2019/12/17 14:15:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ