警察官が保護した10代少女、フェリーから海に飛び込み死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道警は12日、家族からの届け出を受けて保護した宗谷地方の10歳代の少女を稚内署員が自宅へ送り届ける途中、少女がフェリーから転落し、死亡したと発表した。少女が自殺を図ったとみている。

 発表によると、少女は11日朝、通学先に向かうと家族に告げて自宅を出たが、そのまま行方が分からなくなった。届け出を受けた同署員が同日午後、稚内市内で少女を発見。署員2人が同行し、フェリーで島に向かっていたところ、到着直前の午後6時10分頃に少女が自ら海に飛び込んだという。

無断転載禁止
790780 0 国内 2019/09/12 07:14:00 2019/09/12 15:34:29 2019/09/12 15:34:29

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ