「戦国無双」はカプコンの特許侵害…コーエーに賠償命令

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゲームソフト大手「カプコン」(大阪市)がテレビゲーム49作品で特許を侵害されたとして、同業の「コーエーテクモゲームス」(横浜市)に計約9億8000万円の損害賠償を求めた訴訟で、知財高裁(鶴岡稔彦裁判長)は11日、計約1億4300万円の支払いを命じる判決を言い渡した。約500万円の支払いを命じた1審・大阪地裁判決から賠償額を大幅に増やした。

 判決などによると、戦国時代を舞台にしたコーエーの人気アクションゲーム「戦国無双」など26作品で、前作のソフトをゲーム機に読み込ませるとゲームの内容が変化する仕組みが、カプコンの特許を侵害したと認定された。

無断転載禁止
790802 0 国内 2019/09/12 09:20:00 2019/09/12 15:34:29 2019/09/12 15:34:29

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ