携帯「ながら運転」厳罰化、反則金3倍に…12月1日から

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は13日、車の運転中に携帯電話を操作する「ながら運転」の反則金や違反点数の額を引き上げる改正道路交通法の施行令を閣議決定した。12月1日に施行する。

 携帯電話の通話や操作をしながら運転する「携帯電話使用(保持)」の反則金を約3倍に引き上げ、大型車は2万5000円、普通車は1万8000円、二輪車は1万5000円、ミニバイクなどの「原付車」は1万2000円とする。「交通の危険」を生じさせた場合は反則金ではなく、直ちに刑事処分の対象とする。

 違反点数は「使用」を1点から3点、「交通の危険」は2点から6点に引き上げた。

 ながら運転を巡っては、5月に成立した改正道交法で、「使用」は6月以下の懲役または10万円以下の罰金とする罰則を設けた。「交通の危険」は、1年以下の懲役または30万円以下の罰金としていた。

 警察庁によると、携帯電話の通話や操作などが原因の交通事故は昨年1年間に2790件発生。5年前の1・4倍に上った。このうち死亡事故は42件で、発生率は携帯電話を不使用の場合の2・1倍だった。

無断転載・複製を禁じます
793645 0 社会 2019/09/13 11:18:00 2019/09/13 12:09:08 2019/09/13 12:09:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ